○教えその4842:引用
自分より恵まれない境遇にいる人の弱さや失敗や過ちには寛大な心で接しようとする。富や力や才能に驕らず、成功しても有頂天にならず、失敗にもそれほど落胆しない。他人に自説を無理に押しつけたりせず、求められた時にだけ自分の考えを堂々と披露する。人の役に立とうという場合でも、恩着せがましいそぶりはみじんも見せない。
 これが真の人格者である。


S.スマイルズ(竹内均訳) 『自助論』P.290 l11

○コメント:今日の引用を読み直して実践してみよう。しばらくすると劇的にあなたの人生が変わっていることが理解できるはずだ。

 多くの成功した人たちは「能ある鷹は爪を隠す」という生き方をしている。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます