FullSizeRender

○教えその5073:引用
多くの成功者は、何かうまくいったことについて、あとからその原因にもっともらしい理屈や構想をつけて美談にしているものだ。これは、本人が話をしやすいようにと、聞くほうが理解しやすいように、あとでストーリー化してつじつまを合わせているにすぎないが多い。大体は、こういうときは混沌とした錯乱状態で「エイヤッ」とやったことが当たったいうものだ。

福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.163 l11

○コメント:これから事後のことをあれこれ話すのではなく、これからどうなっていくのかを論じ合う世の中になる。

 未来を語るには、まず過去をよく知らないといけない。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます