○教えその3988:引用
最悪でも大丈夫ということを確認し、何かが起きたときの代替案を考えたうえで、「よし、最悪でもちゃんと対処できるぞ。よし、明るい要素だけを考えよう!」というのが本当のプラス思考だと思います。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.129 l12

○コメント:人生は大失敗をしたとしてもなんとかなるものだ。

 未来のことを考えるとき、時としてどうしてもネガティブになってしまうこともある。そのようなときは、ネガティブな自分をしっかりと受け入れて、自分自身とよく話し合ってみる。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます