○教えその3971:引用
口のうまいセールスマンよりも、こちらの悩みを真剣に聞いてくれるセールスマンのほうが、安心して商品やサービスを買えるからです。
 本当の意味での話し上手とは、相手のことをじっくり聞いたうえで、的確なことを言える人かもしれません。


山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.100 l8

○コメント:よい営業担当は、口数がとても少ない。

 コミュニケーションの上手か、下手の違いは、相手を「理解」するところからはじまる。相手を理解するためには、相手から情報を引き出せないといけない。そのために、聞き上手になることは必要だ。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます