○教えその3919:引用
いずれにしても、通常の労力や時間の枠を超えたところで仕事をすれば、相手から感謝されること間違いなしで、これまた行為の返報性の法則によって、相手も「どこかで、この恩を返したい」と考えるようになります。
 つまり、そういう人は多くの人の応援・協力によって、成功するための大きなチャンスをつかむことができるようになるのです。


植西聰 『大事なことに気づく 賢者が教える25の物語』P.171 l2

○コメント:返報性の法則というものはあるが、見返りを求めて相手に手助けしてはいけない。

 見返りを求めて何かを行動すると、そこに損得勘定が発生してしまうため、社会的によいことであっても、マイナスのエネルギーが生まれてしまい、大きな成果を得られないことがある。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます