○教えその3874:引用
もう一つ大切なのは、回数を多くするということです。良い波動の言葉を、1000回を目安に言うと自分が変わってきます。

小俣寛太 『斉藤一人 お金に愛されて百戦百勝』P.168 l6

○コメント:1000回と言わず、100万回を目標に行ってみるとよい。実は言葉を発するだけではなく、回数を数えることにもとても意味がある。

 たとえば、念仏のように「ありがとうございます」を1000回いうとすると、それにかかる時間は約15分から20分程度である。自宅から駅までの通勤時間や昼休み等を活用することで達成できるものである。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます