○教えその3856:引用
「品切れ」という状態でお客さんに待ってもらうことは、一見いけない事のように思われますが、そんなことはありません。「品切れ」という状態が「売れている波動」を出すことにつながり、結果として人気を持続させ、商品寿命を延ばすことにもなるのです。

小俣寛太 『斉藤一人 お金に愛されて百戦百勝』P.140 l4

○コメント:自分の調子が悪い時には、売れる商品や人気のある人に助けてもらい、自分をよい状態にチューニングするやり方もある。

 人気のある物というのは、金額に関係なくすぐに売れてしまう。その商品を購入するために準備をしている人たちがたくさんいるからだ。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます