○教えその3840:引用
「一人さんは、商人というのは損をしないことが一番大事で、次に儲けることが大事だと考えます。」

小俣寛太 『斉藤一人 お金に愛されて百戦百勝』P.113 l3

○コメント:戦略はまず守りから考える。そして、次に攻めの行動するを考える。

 商売というのはいかに「損」をしなかったか、というゲームである。

 そして考え方は単純で、入ってきたお金に対して、いかに少なく使ったか、そのことを繰り返し問われるゲームである。