一分間で学ぶ 成功者の教え

このブログは「成功するための秘密」を紹介しています。成功者の書籍(本)から成功するための謎解きをし、成功するために必要な考え方、習慣、特長(特徴)、成功 秘密、そして成功者の共通点をはじめ、あなたの人生でくじけそうになったとき、あなたを必ず支えてくれる成功者の名言も紹介しています。どうぞあなたのこのブログをあなたの執事としてお役立てください。(旧ブログはこちらです→http://1mentor.jugem.jp/)

ようこそ!「一分間で学ぶ 成功者の教え」ブログへ

 成功した人たちの言葉には、共通する何かがあります。このブログでは、成功をした人たちが書いた本などを通して、あなた自身も成功者から何を得てほしいということでスタートさせたものです。

 成功者の本を読むと常に想う事は、だいたい皆同じことを言っている点です。

 あなたもこの成功した人たちの考え方(成功の法則)をこのブログから学びとってください。成功した人と普通の人の違いが理解できるはずです。

 そして、このブログを読むことで成功する人はみんな同じシステムによって行動していることに気づいてください。

 そのことが読み取れれば、きっとあなたも成功できる!

「成功者」と「普通の人々」とは、何が違うのだろうか?そんなことをテーマに、このブログを運営しています。

 このブログは成功者が書籍を通して、語りかけていることに注目し、いわゆる「成功すためには・・・」何をしたらよいのかを紹介します。

 すでに「携帯用メルマガ」として「成功者の教え」を発行しています。このメルマガでは成功者が書いた本の中から成功者たちの強く、印象的な言葉を集め、それを引用し、その言葉にコメントを添えています。

 引用している部分は一部です。実は引用している前後の内容にも、成功するためのノウハウとして、ともて重要なことが書かれています。

 このブログでは本の一部しか紹介していませんが、ここで紹介している成功者たちの本は、ぜひ読んでください。

 これらの本を読むことで、引用された文の本当の意味を理解することができるはずです。


 さあ、あなたも成功者の言葉から、今の自分に必要なものを感じ、自分のものにしてください!!

多くの人が犯す大きな過ちは、

○教えその4420:引用
多くの人が犯す大きな過ちは、自分のパワーをいわゆる専門家と呼ばれる人に明け渡すことだ。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.160 l1

○コメント:自分のパワーを信じていれば、役割を考えて仕事に取り組むことができる。

 専門家はあくまでもアドバイザーである。人生を決めるのは自分である。そのことを忘れていけない。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

互いに信じ合えば。

○教えその4419:引用
あなたが相手を信じ、相手もあなたに信じてもらっていると知っているとき、ふしぎな現象が起こる。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.159 l7

○コメント:「信じる」ことができなければ、何事もうまくいくことはない。

 相手を信じることができるか、できないかは、自分自身を信じているのかという問題にも直結している。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

人のことをとやかく言っているうちはまだまだじゃの。

○教えその4418:引用
彼らの仕事ぶりが首をかしげるような内容で、彼には失望したと公言しているなら、あなたは何もわかっていなことになる。私に言わせれば、自分の責務を果たしていないのはあなた自身だ!

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.158 l8

○コメント:その人に文句を言う前に、その人の能力を引出し、その能力を利用できるような人の使い方をしなさい。

 このようなことができる人材になるためには、絶えず上を向いて職務に当たらなければならない。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

人を輝かせる

○教えその4417:引用
ビジネスの世界には「目標にしてほしい評判を与えて、その人が輝くのを見よ」という古い格言がある。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.157 l8

○コメント:もしあなたが会社や組織で指導する立場にあるならば、今日の引用を実践してみることをお勧めする。きっと自分にもいい影響を与えるはずだ。

 人の粗を探してつつくのではなく、「人の振り見て我が振り直せ」

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

みんなを完璧にする

○教えその4416:引用
周りの人々が完ぺきではないと不平を言いながら彼らが完璧になってくれるのを待つのではなく、心理的に理想の環境をととのえ、みんなが完ぺきになるようにする。こういった責任のある行動をとることだ。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.157 l5

○コメント:責任のある行動をとるには、時間をかける必要がある。環境を変えるには時間がかかるということを理解する必要がある。

 しかし、その一方で自分が変わると決めれば、その時から自分は変わることができる。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが降り注ぎますように。

いつもありがとうございます