一分間で学ぶ 成功者の教え

このブログは「成功するための秘密」を紹介しています。成功者の書籍(本)から成功するための謎解きをし、成功するために必要な考え方、習慣、特長(特徴)、成功 秘密、そして成功者の共通点をはじめ、あなたの人生でくじけそうになったとき、あなたを必ず支えてくれる成功者の名言も紹介しています。どうぞあなたのこのブログをあなたの執事としてお役立てください。(旧ブログはこちらです→http://1mentor.jugem.jp/)

ようこそ!「一分間で学ぶ 成功者の教え」ブログへ

 成功した人たちの言葉には、共通する何かがあります。このブログでは、成功をした人たちが書いた本などを通して、あなた自身も成功者から何を得てほしいということでスタートさせたものです。

 成功者の本を読むと常に想う事は、だいたい皆同じことを言っている点です。

 あなたもこの成功した人たちの考え方(成功の法則)をこのブログから学びとってください。成功した人と普通の人の違いが理解できるはずです。

 そして、このブログを読むことで成功する人はみんな同じシステムによって行動していることに気づいてください。

 そのことが読み取れれば、きっとあなたも成功できる!

「成功者」と「普通の人々」とは、何が違うのだろうか?そんなことをテーマに、このブログを運営しています。

 このブログは成功者が書籍を通して、語りかけていることに注目し、いわゆる「成功すためには・・・」何をしたらよいのかを紹介します。

 すでに「携帯用メルマガ」として「成功者の教え」を発行しています。このメルマガでは成功者が書いた本の中から成功者たちの強く、印象的な言葉を集め、それを引用し、その言葉にコメントを添えています。

 引用している部分は一部です。実は引用している前後の内容にも、成功するためのノウハウとして、ともて重要なことが書かれています。

 このブログでは本の一部しか紹介していませんが、ここで紹介している成功者たちの本は、ぜひ読んでください。

 これらの本を読むことで、引用された文の本当の意味を理解することができるはずです。


 さあ、あなたも成功者の言葉から、今の自分に必要なものを感じ、自分のものにしてください!!

人に感動を与えられる人が成功できる

○教えその3954:引用
成功している人は「感動」をより多くの人に与えているということもできます。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.56 l9

○コメント:自分が感動した経験をたくさんしなければ、感動を伝えることはできない。

 経験したことは、自分の五感を通して感じていることだ。それは発せられる言葉に伝わり、相手の理解を得ることができる。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

成功者はあえて完ぺきを求めないときがある

○教えその3953:引用
完成なんてしなくていいし、完璧でなくてもいい。ちょっとだけ始めるんです。それは意識の扉を作っておくのと同じです。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.54 l7

○コメント:完璧を求めようとするから疲れてしまう。遊び心を活かして、まずは楽しむことに意識を向ける。

 楽しみは次のステップを探究する心を育てる。その繰り返しが、その道のマスターへとつながっていく。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

「思いついたら行動」の積み重ねが成功をもたらす

○教えその3952:引用
名もない時間に起こした行動が、一番効率的に機能するのです。名もない時間から始まった仕事がいかに多いことか。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.50 l8

○コメント:頭にふっと思ったことを実践してみるといい。大切なことは思っただけではなく、実際に行動してみることだ。

 名もない時間をいつでも利用できるように、したいことを普段から考え、メモしておくとよい。そうすることで脳が自然と、今何をすべきかを教えてくれる。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

成功させるために一度捨ててみる

○教えその3951:引用
「まぁ、いいっか」と思って、捨てかけてことです。捨てかけたことを、一つひとつ拾っていくと、それが後々効果的になったりします。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.49 l1

○コメント:少し無理をして、前進してみる。それがここ一番の踏ん張りを強くする。

 また、一度捨てたものを、もう一度拾ってみると、その時できなったことができていたりする。そこから新しいスタートラインができ、深堀をしていけるようになる。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

成功者だけが知っている「3」という数字の秘密

○教えその3950:引用
3日間での目標を1ヵ月間に何回クリアできるかチャレンジする。3日間でどのくらい頑張れるかを10回チャレンジするというわけです。

山崎拓巳 『世界一やさしい 成功法則の本』P.45 l3

○コメント:「3」という数字をひとつのユニットとして考え、練習する。3回、3日、3か月という具合に「3」を意識してトレーニングするとよい。

 特に資格試験や語学を習得する際、ひとつの教科書をまずは3回やることを目安にする。記憶することが必要なのではなく、ひとつの教材を使って、3回学ぶことが大事なのだ。


読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます