一分間で学ぶ 成功者の教え

このブログは「成功するための秘密」を紹介しています。成功者の書籍(本)から成功するための謎解きをし、成功するために必要な考え方、習慣、特長(特徴)、成功 秘密、そして成功者の共通点をはじめ、あなたの人生でくじけそうになったとき、あなたを必ず支えてくれる成功者の名言も紹介しています。どうぞあなたのこのブログをあなたの執事としてお役立てください。(旧ブログはこちらです→http://1mentor.jugem.jp/)

ようこそ!「一分間で学ぶ 成功者の教え」ブログへ

 成功した人たちの言葉には、共通する何かがあります。このブログでは、成功をした人たちが書いた本などを通して、あなた自身も成功者から何を得てほしいということでスタートさせたものです。

 成功者の本を読むと常に想う事は、だいたい皆同じことを言っている点です。

 あなたもこの成功した人たちの考え方(成功の法則)をこのブログから学びとってください。成功した人と普通の人の違いが理解できるはずです。

 そして、このブログを読むことで成功する人はみんな同じシステムによって行動していることに気づいてください。

 そのことが読み取れれば、きっとあなたも成功できる!

「成功者」と「普通の人々」とは、何が違うのだろうか?そんなことをテーマに、このブログを運営しています。

 このブログは成功者が書籍を通して、語りかけていることに注目し、いわゆる「成功すためには・・・」何をしたらよいのかを紹介します。

 すでに「携帯用メルマガ」として「成功者の教え」を発行しています。このメルマガでは成功者が書いた本の中から成功者たちの強く、印象的な言葉を集め、それを引用し、その言葉にコメントを添えています。

 引用している部分は一部です。実は引用している前後の内容にも、成功するためのノウハウとして、ともて重要なことが書かれています。

 このブログでは本の一部しか紹介していませんが、ここで紹介している成功者たちの本は、ぜひ読んでください。

 これらの本を読むことで、引用された文の本当の意味を理解することができるはずです。


 さあ、あなたも成功者の言葉から、今の自分に必要なものを感じ、自分のものにしてください!!

執着を捨てれば、上手くいく

○教えその4314:引用
執着を捨てるとすべてが魔法のようにうまくいく。
 まず努力することが楽になり、その過程そのものを楽しむようになる。


リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.26 l2

○コメント:楽しく生きるために全力を尽くす。それが人生を上手に過ごすコツだ。

 だから、まずしなければならないことは、自分が何をするとワクワクするのかといったことや、何をすると楽しくなるのかといったことを探さなければならない。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます


「執着しない」という言葉の意味をしっかり理解する

○教えその4313:引用
執着しないとは、努力するが結果にはこだわらないということだ。最大限努力して、後は完全に成りゆきにまかせるということだ。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.25 l9

○コメント:執着すると、うまくいかなかったとき、その原因がほかの人にあると思いがちだ。その結果、ストレスもたまるし、人間関係も壊れていく。

 物事がうまくいかなくなったとき、その物事に執着していないかを確認してみる。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます


与えた分だけ利子がついて返ってくる

○教えその4312:引用
大いなる存在はすべてを見通していて、与えたものにはすべて利子までつけて返してくれる

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.24 l7

○コメント:与え方がよくわからない人は、コンビニにいってレジの前にある募金箱に1回500円以上を寄付してみよう。

 この行為をまずは3回行いなさい。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます


「与える」という行動は、自分のためにすることだ

○教えその4311:引用
与える行為は、受け取る側を助けるだけではなく、与える側もさらに豊かにするエネルギーだ。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.23 l4

○コメント:見返りを期待せずに与えれば、与えた以上のものが返ってくる。

 成功者たちは、自分が与えたもの以上のものが返ってくると知っているから、気前よく人より多くのお金を寄付をしたりする。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます

「いつか、そのうち」は絶対やってこない

○教えその4310:引用
「いつか、そのうち」ではなく、今その一歩を踏み出せば、来年には前進したぶんだけ着実に夢に近づいているだろう。

リチャード・カールソン(訳:小沢瑞穂) 『お金ことでくよくよするな!』P.22 l4

○コメント:考えをいきなり行動に移すことはとても難しい。行動できない人は、まずメモをするようにしなさい。
 考えて、メモをしているうちにだんだん身体を動かさないといけないという想いになるはずである。

 身体を動かすときは、簡単にできるものから始めてみる。

読者の皆様の身の上にすべてのよきことが
降り注ぎますように。

いつもありがとうございます